RSS | ATOM | SEARCH
新潟市による口封じの売国土
  みなさん、こんにちは。
前回お伝えした新潟市中央区での中国側に対する民有地5000坪売却問題ですが、どうもこれには前回も中国側に便宜を図っていた中国べったりな新潟市政側が絡んでいるようです。

外務省は中国側に、昨年末に地元住民の理解を得るよう申し入れを行ったそうですが、中国側はこれを無視して用地取得を秘密裏に行っていたわけです。

さらに驚くのは、なんとこの売買に関して、新潟市から外務省に対し登記が済むまで公表しないで欲しい旨の要請があったことを、参議院議員佐藤正久先生がつきとめています。

さらに、新潟市議の深谷成信先生新潟柏崎市議の三井田孝欧先生が、本件について新潟と我が国のあり方に疑問を呈しておられます。

新潟市議の深谷成信先生ツイッター
https://twitter.com/#!/FukayaShigenobu/status/169058594468270080

新潟柏崎市議の三井田孝欧先生ブログ
http://miida.cocolog-nifty.com/nattou/2012/02/post-8b14.html

つまり、売国奴による、全密室「売国土」計画です。
民有地であれ新潟市中央区ですから新潟市役所が絡むのはわかりますが、「これを公にするな」というのは市内の治安のためでしょうか?
誰が治安を乱すというのか?

このままでいけば、街の治安を乱すのは、新潟市民の無関心と新潟市政側です。

新潟市はこのままでいけば、私が刑事として見てきたかつての新宿新大久保周辺や現在の池袋北口中華エリアのようになりますよ。

尖閣沖漁船体当たり事件が発生したため頓挫した前回の領事館拡張計画と並行して、「チャイナタウン構想」もあったとのことですが、これから日本にできる「チャイナタウン」とは、かつての横浜中華街のような日本人客を歓迎する中華風の街並みではなく、中国人のためのエリアになることはすでに世界にその実例を見れば明らかです。

その状況は、拙著中国が世界に知られたくない不都合な真実にも書いております。

イタリア随一の産業都市ミラノにあるパオロサルピ地区は、約一万人の中国人移民が集中するチャイナタウンと化していて、2009年4月にはイタリア警察の捜査を妨害しようとした中国人が、道路を封鎖するために車をひっくり返して暴動を発生させています。

2010年6月20日にフランスのパリで中国人2万人以上が参加して行われた「反暴力安全デモ」では、中国人移民が店を破壊し、駐車車両をひっくり返し、現地警察機動隊が催涙弾を発射して「デモ」をようやく鎮圧したのです。

http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=5E8xEPGZ9SY

http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=7QaUzzeF9HU

パリやミラノでさえこうなるのです。
隣国中国に関連するこうしたニュースは日本には全く公開されておりませんが、欧米での中華民族のはじけっぷりと地元文化の蹂躙、人口侵略については、英語も堪能なジャーナリストである河添恵子さんの著作に詳しいのでぜひご一読を。

新潟にこうした状況を出現させるかもしれない危険性があるのに計画が先行してしまった前回の移転拡張計画件につき、新潟市の篠田市長さんも、以下のように答弁しておられます。

「地域の皆さまのご理解を得ることが第一でございますけれども、その地域の説明会、これが通常の雰囲気で説明会が開けない状況になってしまったことですので、地域の皆さまのご希望、ご意見などをまだ十分に踏まえて把握できない状況であります」


事前の説明も開催予告も十分ではない説明会に、地域の皆さまが声をあげて参加したことを「通常の雰囲気で説明会が開けない状況」だなどという中国側の代弁者となり果てた篠田市長さん、ご安心ください。

私は市長さんに代わって、こうした問題を新潟の地域住民の皆さまにお届けし、たくさんの方々が拡散などのお手伝いをしてくださっております。

これまでにも多数の議員さんを同行して中国「視察」に行っておられたと伺っておりますが、公人としてどのような接待をお受けになったのか、次回の説明会ではそこのところもぜひ住民の皆さまがたに責務を持って包み隠さずお話しいただきたい。


ちなみに中国側は、市長答弁の言葉を借りれば
「大阪の総領事館に次ぐレベルにするというたいへん高い位置づけ役割を新潟市総領事館に持ってもらっている」のだそうですから、中国側も気合いの入れようが違います。

県民が北朝鮮工作船に拉致されるなどの被害を受けている新潟のみなさん、次は北より大きな反日国家が拠点を拡張します。どうぞご注意を。

ヤバい!と思った方、よろしければどうぞ
ポチっと↓ご協力を。
人気ブログランキングへ  ありがとうございました!

JUGEMテーマ:地域/ローカル
author:坂東忠信, category:日本人の課題, 09:14
comments(3), -, - -
Comment
市が外務省に→「内緒にしといてくれ」…
呆れ果てて開いた口が塞がりません(°0°)アングリ・・ 売国奴ココに極まれりですな(`´)一体ドンナ接待受ければコウなっちゃうんだか(?_?)
売国奴は月へ, 2012/02/16 10:48 PM
憤りを感じます。
拡散させてください。
杢兵衛, 2012/02/18 1:24 AM
関が原の合戦以降、失職した武士達が、傭兵として東南アジアへ渡って行ったでしょう?彼らの重要な任務の一つは、実は「中国人の取り締まり」だったのです。
中国人が来ると、必ず不穏な動きを始めるので、強権で取り締まる必要があり、1600年代初頭のフィリピンで、中国人が大規模な暴動を起こし、日本人傭兵が鎮圧した事例があります。
また、災いの芽を摘み取るために、地元の為政者が、チャイナタウンを焼き討ちにし、住民達を皆殺しにする事件も発生しました。これは、貿易による利益より、治安と秩序の維持の観点から、行われたものです。
つまり、中国人が大勢住まわせることが、如何に危険なことかは、過去と現在の事例を見てもわかるでしょう。
もし、新潟で大規模な暴動が発生したら、一体誰が責任を取るのでしょうか?
賭けてもいいですが、新潟市も外務省も決して取りません。
ウミユリ, 2012/02/18 12:39 PM